組長の不定期ブログ

2020.04.030

AXIZについて


どうもこんばんは、あらきです。





毎度blogが真面目な感じになって申し訳ないのですが、

今回も真面目な内容です。





先日のニコ生を聞いて下さった方は大体把握されているかと思いますが、聞けていない方もいると思うので改めて記します。





僕がボーカルを勤めるバンド、AXIZについてです。





_





AXIZバンドメンバーのBa. A1さんが脱退することとなりました。

同じくバンドメンバーのGt. シノさんは修行に出ることとなりました。





それに伴いTEAM AXIZはバンドメンバー、支えてくれていたスタッフ陣も含め解体となりました。





今後『AXIZ』は、ARAKIがボーカルを勤めるプロジェクトとして概念付けます。





19歳でシノさん・A1さんらと始めた「AXIZ」というバンド





24歳から始めた「歌ってみた」





この二つの活動に、

僕のルーツの全てがあります。





どちらもあって今の僕です。

何か一つ欠けていたら、今皆さんの前で歌うことは出来ていなかったでしょう。

どちらの活動も心から大切な存在です。





_





10代から始めたAXIZでのバンド活動の中、

ボーカル力を磨くべく24歳で「歌ってみた」の世界に飛び込みました。





初期は歌い手「あらき」にオファーを頂いたライブでも「AXIZ」として参加したりもしました。





2年ほど経ち、2016年に初めてXYZに呼んでもらいました。

この頃から僕を取り巻く環境は目まぐるしく変化しました。





毎週末、全国各地のステージに立ち

「名前だけでも覚えて帰ってください」と伝え

ひたすらに歌って回る日々でした。





そのうちに、赤いペンライトを持ってくださってる方がいたり、リプライを送ってくださる方が増えたり、沢山のファンの皆さんと出会うことができました。





僕だけでは立てないような大きな舞台にも立たせてもらいました。





冬と夏にXYZで全国を回ったり

なるせとアルバムを出してツーマンをやったり…





歌ってみたを初投稿してから5年、初めて歌い手の「あらき」としてワンマンライブをすることができました。

2018年の8月です。





そして2019年の秋、

皆さんの記憶にも新しいかと思いますが、「AXIZ」名義のアルバムDRAMA&TRAUMAをひっさげ、ツアーを開催しました。





今思えばとにかく走った数年間でした。





_





そんな中、節目にはいつもAXIZの二人とステージに立ってきました。





2018年のワンマンもシノさんA1さんにはバンドメンバーで参加してもらいましたし、





DnTツアーはもちろん

ツアーを控えた2019年は序盤からアイスタやDOPEDOWNとのツーマンにAXIZ名義で出演しました。





なぜそこまでバンドに拘るのか?

あらきはバンドが好きなんだねー。





いろいろな大人にいつも言われました。





なぜならば、

僕にとって「AXIZ」は大切で、当たり前だから。

歌い手「あらき」だけを知る皆もきっと大切に思ってくれると確信があったから。





僕が例えソロで掴んだステージや機会でもAXIZの二人を呼んできました。





どんな活動もAXIZに還元したかった。

そして、出来ることならば





AXIZで引き続き夢を叶えて行きたかったんです。





迎えたDnTツアー。





AXIZとして完走し、Zepp DiverCityにも立てたことに満足しています。





ここがAXIZの分岐点になりました。





_





もちろんとても寂しいです。





ただ、寂しいだけではご飯は食べていけません。





歌ってみたを始めてから、尊敬できる仲間や機会をくれる大人、支えてくれるスタッフに沢山出会いました。

僕にとってはかけがえのない出会い、財産です。

これからも彼らの居る世界で、歌い続けて行くと決めています。





そして出来ることならばここにAXIZの二人も巻き込んで行きたかった。





だけど、それぞれ人生があり、タイミングがあるみたいでした。





だからここが分岐点。





今は満足しているし後悔は何一つありません。





_





A1さんはツイートの通り、家業を継ぐ為音楽活動を離れます。

DnTツアーが始まる前から脱退について相談されていましたが もう少しがんばろう と伝え、一緒にツアーを走りました。





シノさんは修行に出ます。

帰ってくるかもしれないし、帰って来ないかもしれない。





二人の人生にこの先何があろうと、何を選択して歩もうと、間違いではありません。

二人の幸せを祈るばかりです。





そして、

僕が決断して歩み出した人生も間違いではありません。





_





チームAXIZとして何人か動いてもらっていましたが、

特におむさんは2016年初頭頃から歌ってみたのMIXを手掛けてもらってきました。

近頃はアルバム制作や映像も協力してもらったり、本当に感謝しています。

皆さんの記憶に残る作品をたくさん世に送り出せたと思っています。





そもそも、バンドメンバーに紹介してもらった縁のおむさん。

バンドメンバーが脱退と修行でいなくなってしまうので、僕の心の整理のためにも一度チームAXIZを全て解体とさせていただきました。





今思えば、歌い手あらきでオファーが来てもAXIZで出演するし、皆さんにはペンライト使わないでほしいとか言ったり言わなかったりするし、チームAXIZは解体にするし…





クライアント、リスナーさん、スタッフに対して、たくさん振り回してすみません。





それなのにAXIZの曲を聴いてくれたり、ライブに足を運んでくれたり、ありがとうございます。





放送でも言いましたが、僕のファンの方は本当に良い人ばかりです。ほぼ100%





AXIZはコンポーザーとしてカンフージャンパーがありつつ、僕のソロプロジェクトのような形でこれからも活動を続けます。オリジナル曲も届けるつもりです。

僕はAXIZのボーカルARAKIで、その時々に一緒にやりたいミュージシャンや技術者やクリエイターと創作していきます。





そして。歌ってみたも僕は大好きだし、成長させてくれた大切な場所です。

歌い手あらきとしても勿論引き続き活動し続けます。





皆さんが楽しめるようなこと、僕がかっこいいと感じる音楽をこれからも探していきます。





シノさん、A1さんの居るAXIZの音楽に少しでも触れてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

AXIZでの歩みは全て僕たちにとってかけがえのないものです。





シノさん、A1さんの幸せを祈って欲しいと思います。





そして、引き続きどうぞよろしくお願いします。






COMMENTS

コンテンツが見つかりません