組長の不定期ブログ

2021.06.140

ONEMAN LIVE ありがとう!!!


やほ!!おはこんばんにちわです!!

ライブ翌日に投稿しようと思ってたんですが、いろいろ書いてたら時間かかってしまいましたスミマセン…





ARAKI LIVE ARK UNPARADOXA

昼夜公演ぶじ終了しました!





勇気を持ってご来場頂いた方々、本当にありがとうございました!

そして、遠くから応援してくれていた方々のメッセージも当日の力となりました。ありがとうございます!

終わった後のリプライやタグ付き投稿、ここのコメントも目通させて頂いてます!





色んな規制で不便をかけたり、ガイドラインにより大阪公演は中止の運びとなったり、申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど、
このライブに意味を持たせられたんじゃないかなと思います。





久々の有観客ライブは長らく錆び付いていた感覚が揺り起こされたようなかんじでした。
笑みってのは自然とこぼれるもんだったのかと再認識するぐらい、自分の感情があまりコントロール出来てなかったように思います(いい意味で)





正直にいうと、今回のライブは当日を迎えるまで本当に不安な気持ちでいっぱいでした。
この状況下で有観客ライブをするということ、決して楽観的に考えていたわけではないし安易な気持ちで決断はしていないです。









当日までにも色々なメッセージ頂きました。

・行きたかったが県は跨げない

・行きたかったが仕事の性質上この状況下で行けない

・チケットは取ったが、やはり行かない方がいいと判断した

・いま有観客やるとか信じられない

などなど色んなご意見を頂きました。





前回のブログ等で勇気を持って来られる方も苦渋の決断で来ない方もどっちも決して間違ってるわけではないとお話ししました。

僕は今でもそう思ってます。





当日ステージに出た時に、仮にお客さんが0人だったとしても全力でやる

それくらいの気持ちでした。

(配信ライブって意外とそのステップ踏むための側面もあったかもしれませんね…)





しかし実際は昼夜ともソールドとなり、600人弱ほどのお客さんに迎えられました。
面と向かって(声援なしで)対話できたこと、温かさに包まれたこと、本当に嬉しかったです。









今回のアルバム、ライブ共にコンセプトは「PARADOX」です。

PARADOXなんて大層なネーミングに見えますが、ようは社会や世の中に対して矛盾してるように感じることや疑問に思うこと、もやもや感じることを吐き出したかったわけです。





吐き出したからといって何が変わるわけでもないかもしれませんが、吐き出すことに意味があると思いました。





ライブで僕はいまの思いの丈を吐き出しました。

みなさんは吐き出せたでしょうか?





もしかしたらまた吐き出せない日々が続くのかもしれません。

でも吐き出せる場所が必要だと僕は思ったので

開催しました。





でもこんなこと、いまも逼迫した状況を送っている医療従事者のような方からしたらそれこそなに矛盾したこと言ってんだと思われるかもしれません。





人によってはどうかしてると思うことでしょう、でも僕たちはふざけてるわけではないのです。





僕にも救える命・気持ちがあるんじゃないかと信じたいのです。

いや、信じていないとどうかしちゃいそうなのかもしれません。





今回のライブで気づいたというか思い出したことは

liveに必要なのは笑顔だってことです。

このliveは生きるってことです。





みなさんの笑顔を見るために僕はまた前を向いていくし、歩いて行こうとより思えました。

そういう人生を選んだので。





月並みな表現に聞こえるかもしれないけど、

色々削ぎ落とされたらこれだけ残りました。

心底それだけでいいと思ってます。





また皆さんに会いに行きますね!
それまでどうか笑顔で居てください。
約束です!またあいましょう!!!





そして16日のアルバム!!!いよいよ!!!
宜しくおねがいします!!!!


COMMENTS

コンテンツが見つかりません